滋賀県彦根市を旅すると大人気のゆるキャラに会える可能性がある

彦根市は滋賀のどの辺にある?

滋賀県彦根市は琵琶湖東岸に広がる自治体です。市の北部にはJR特急も停車する彦根駅がある上に、東海度新幹線の米原駅から彦根駅まではわずか1駅・4分のため遠方から日帰り旅行をする事も十分可能です。そんな彦根市は、21世紀に入って彦根城関連のゆるキャラがテレビなどで大きく取り上げて全国的な人気を獲得するようになりました。彦根市を旅した場合、そのゆるキャラに遭遇できる可能性があります。

ゆるキャラがいる彦根城

彦根市は、江戸時代初期に琵琶湖付近に彦根城が築城された事によって城の東側が城下町として大きな発展を遂げた歴史をもちます。そして、明治22年に現在の東海道本線にあたる鉄道の彦根駅が城下町エリアに開業しました。その彦根城は彦根駅で下車するとすぐ到着しますので、どこに行ったらいいのかわからない場合は是非この名所を訪れてみてください。敷地内には立派な天守閣のほか石垣・門など残されており、かつて栄華を極めた彦根城のスケールの大きさを肌で感じることができます。

ちなみに、彦根城に関連するゆるキャラは毎日彦根城やその周辺に出没しますので、平日・休日を問わず、遭遇できるチャンスがあります。もし見つけた場合は、そのキャラクターと並んだ記念写真を撮影してもらうのも良いと思います。

彦根城以外のおすすめスポット

彦根市にあたるエリアは江戸時代に江戸と京都を結ぶ中山道のルートになっていました。そして、市の北東部には宿場(鳥居本宿)が設けられていましたが、近江鉄道本線の鳥居本駅の東側を通る旧中山道の宿場エリアには今でも古い建物が多数残っています。こちらは歴史好きの方におすすめです。

バイザポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です